顔用・体用の日焼け止めクリームは何がちがう?

顔と体用の日焼け止め

紫外線からの対策として多くの人が使用しているのが日焼け止めです。クリームタイプなど様々なものがあり、夏場などには大活躍してくれます。女性の場合には肌トラブルの予防のために使用することが多いですが、今や男性も多くの方が使用しています。女性同様に肌への影響を避けたいとの思いから使用していることが多いですが、純粋に肌を焼きたくないということで夏場は日焼け止めを使用する方が増えています。

また、日常では使用しないものの海やプールなどに出かける際には紫外線の影響を考えて使用するというピンポイントのユーザーも多く存在します。さらに言えば小さなお子さんなどは肌への影響を受けやすいことから日焼け止めを使用して外出している親御さんもいます。このように今や老若男女問わず多くの方が使用するのが日焼け止めというアイテムですが、ドラッグストアなどに販売されているために、いつでも気軽に購入が可能です。

さらに安価で販売されているものもありますし、コンビニなどで取り扱いがあるケースもあるので手に入れやすい状況があります。しかしながら、この日焼け止めを語る上で忘れてはならないポイントと言われているのが顔用の日焼け止めと体用の日焼け止めの存在です。そのほかにも髪に使用できる日焼け止めなどもありますが、やはり多くは顔用と体用で分かれています。しかし、そう書いてあるから使用しているものの、実際にはなぜ違うのかがわかっていない方もいますので、ここでご説明しましょう。


▼管理人おすすめサイト▼
顔や体のほか、髪や目も日焼けのダメージを受けます。通常の日焼け止めだとカバーできる部分は限られますが、飲むタイプの日焼け止めサプリは目からの紫外線対策もできます。こちらのサイトでは、日焼け止めサプリに関して詳しく紹介されています → 日焼け止めサプリ